MENU
Kengo
群馬を周り続ける男
こんにちは。
Kengoと申します。
製造業で勤務しながらブログを書いており、目的は1人でも多くの方のお役に立てる情報を発信することです。
これといって大きな取り柄のない群馬県在住の社会人ですが、群馬県おすすめの観光スポットや会社で得た知識や経験を発信しています。
観光や道の駅やパン屋の情報は全て群馬県の情報です。
カレンダー
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

トイレの雑学

トイレ

誰もが毎日のように使っている「トイレ」。

だからこそちゃんとした知識や使い方を知る必要が私はあると思っています。

そこで、トイレについて私が知っていることと、常に思っていることをお話します。

基本汚い話になりますのでお食事の前後2時間くらいにこの記事を読むことをおすすめします。

便器のレバーとドアノブは菌まみれ

これは聞いたことがある人多いかと思います。知らない人は是非覚えていってください。

トイレで大便をしたらおしりを拭きますよね?流石に拭かない勇者はいないと思いますが、その拭いた手できっとレバーを押して流したり、ドアを開けたりしているかと思います。ですから大便をトイレットペーパーで拭き取って手についた菌が、石鹸で手を洗うまでその手で触った場所に付着してしまうわけです。

なので私は右利きなので普段は右手で拭きますが、流すときやドアを開けるときは左手で行います。

そもそも個室トイレに入ってドアの鍵を閉める時点でアウトなんですけどね。

最近はスーパーなどの個室トイレには便座を拭くためのアルコールが設置されている所があります。ですから理想とすれば、次のような手順がよいのではないでしょうか?

個室トイレに入る⇒トイレットペーパーにアルコールをつける⇒そのトイレットペーパーを使ってドアを閉める⇒アルコールを含ませたトイレットペーパーで水を流すレバーを拭く

後はいつも通りでといった感じです。

もしもアルコールが出る装置が設置されていないトイレは、欲を言えば全部に装置でなくともアルコールを置いてほしいです。

トイレットペーパーで安心することなかれ

おしりをトイレットペーパーで拭いているんだから手に菌なんか付かないと思っている方、それは間違いです!

以前テレビで専門の方がおっしゃっていたのですが、トイレットペーパーで拭いていても手に菌が付くということでした。

もしも手に菌が付かないようにするとなると、トイレットペーパーを8回以上は折らなければならないみたいです。

そんなに折っている拭いている人は殆どいないのではないでしょうか。中には手にぐるんぐるんに巻き付けて拭くスタイルの人もいるようなので、その方は8周手に巻き付ければ大丈夫だということでしょう。

小便は座りションをすべし

これは男性に限っての話ですが、「立ちション」をするのは基本男性だけです。

公共のトイレで個室(一名分)しかない場所を除けば、男性専用のトイレには大体小便器があります。

ですが、その小便器がない大便器のみのトイレでおしっこをしたかった場合、男性の皆さんはどうされていますか?座るのがめんどくさくて便座を上げて立ちションしているのではないでしょうか?

もしもそうであるならばあなたのおしっこは便器の外へ飛び出ています。

勢いを弱めていようが大丈夫だと思っていようが、立ちションすると絶対と言っていいほど外側へ跳ねています。

それをお家のトイレでやっているのなら床は…

頼むから手を洗ってくれ!!

これはただ私が言いたいことです。

トイレを済ませた後に手を洗わない人・・・手を洗ってくれ!!

スーパーとかでトイレをして手を洗っている時に、自分の後ろを用を済ませた後に手を洗わずに過ぎ去っていく人の姿を鏡越しで見るとゾッとします。

「おいおいその手で野菜とか触るなよ!?」

なんて心の中で思っています。

なにか洗わなくても大丈夫な根拠でもあるのか知りませんが、コロナという状況もありますし、アルコール消毒するのならトイレ後の手洗いもしてください。

トイレには神様がいると言うくらいですから、常に清潔に保っていきたいですね。

トイレ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。Kengoです。
製造業で勤務しながらブログを書いており、目的は1人でも多くの方のお役に立てる情報を発信することです。
これといって大きな取り柄のない群馬県在住の社会人ですが、群馬県おすすめの観光スポットや会社で得た知識や経験を発信しています。
また、カテゴリーにある『パン屋、道の駅、観光』は全て群馬県の情報です。

コメント

コメントする

目次