MENU
Kengo
群馬を周り続ける男
こんにちは。
Kengoと申します。
製造業で勤務しながらブログを書いており、目的は1人でも多くの方のお役に立てる情報を発信することです。
これといって大きな取り柄のない群馬県在住の社会人ですが、群馬県おすすめの観光スポットや会社で得た知識や経験を発信しています。
観光や道の駅やパン屋の情報は全て群馬県の情報です。
カレンダー
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

群馬県の美術館 『群馬県立館林美術館』

群馬県立館林美術館とはどんなところなのかご紹介致します。

まず、ここの美術館は県立美術館としては2館目に建てられた美術館です。ちなみに1館目は高崎市にある群馬県立近代美術館です。

群馬県立館林美術館の取り組みとしては

『県民の方々の豊かな感受性と創造性の発展のために、人間の優れた精神活動から生み出される芸術作品の収集と文化遺産の保存、研究、公開を行い、新しい時代の文化の育成』

とのことです。

2001年10月26日に開館し、2022年8月27日で来館者数90万人を超えたそうです。これが多いのかどうかは申し訳ありませんが私にはわかりません。

メインの作品はフランソワ・ポンポンというちょっと可愛らしい名前の方の作品です。

初めてこちらの美術館を訪れた際の第一印象はおしゃれな見た目だと感じました。美術館って結構そういった見た目の建物が多いイメージではありますが、ここは建物に入るまでの通路も含めておしゃれな感じでした。

アイキャッチ画像でも使用しておりますが上の写真が美術館までの通路です。

2023年夏に行われていたイベントが『クレイジージャーニー』でも人気のある『佐藤健寿展』でした。

美術館は数多くの方の展示会を代わるがわる開くので、定期的にチェックしてると好きな人の作品展が開催されていたり、そうではなくても興味が出てくる作品展もあるかもしれません。

基本館内での撮影はNGです。ただし一部の作品に対しては撮影ができます。従業員の方の話や表示物をよく確認して撮影するようにしてください。

ちなみに「ミュージアムショップ」といってその名の通り作品の関連商品を購入することができます。

作品写真が撮れないのでどういった見た目の作品なのかお伝え出来ないのが残念ですが、そちらは是非ご自身の目で確かめてみてください。

☆公式ホームページ☆

群馬県立館林美術館
群馬県立館林美術館 | Gunma Museum of Art,Tatebayashi 群馬県立館林美術館 〒374-0076 群馬県館林市日向町2003 tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 開館時間は午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)。休館日は毎週月曜...

☆地図☆

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。Kengoです。
製造業で勤務しながらブログを書いており、目的は1人でも多くの方のお役に立てる情報を発信することです。
これといって大きな取り柄のない群馬県在住の社会人ですが、群馬県おすすめの観光スポットや会社で得た知識や経験を発信しています。
また、カテゴリーにある『パン屋、道の駅、観光』は全て群馬県の情報です。

コメント

コメントする

目次